Art

画家としてドローイング、絵画を制作しています。
家庭・学校・地域のコミュニティスペースなどに提供・販売もしております。

私には、生前に離別しすでに他界した父親から実際にはもらっていないプレゼントをもらった記憶があります。そんな曖昧な記憶に基づいて形作られている人間の自己なるものについて、探究しています。

As a painter, I make drawings and paintings.
I also supply or sell my works to homes, schools, and local community spaces.

I remember receiving a gift that I never actually received from my father, who had already passed away after being separated during his lifetime. I’m exploring the human self, which is shaped by such vague memories.

アーティストとしてのステイトメント/Artist Statement

自分ははっきりと覚えているのにほんとうは存在しなかったことや、自分はまったく覚えていないのに本当は存在していたことというものがあると思います。ある出来事についてよく覚えているということは、その出来事が確かにあったということと同じではないし、ある出来事について全く覚えていないということは、その出来事が実際には存在しなかったということと同じではありません。私は、そうした誰しもにある、半分確かなのに半分不確かなままの曖昧な記憶を「半記憶」(half-memory)と呼んで、私自身の半記憶についての“お喋り”をドローイングに、続いて絵画に翻訳しています。

There are things that I remember well but never existed. Also, there are things that I don’t remember at all but existed. Remembering well about an event is not the same as saying that the event existed. Not remembering at all about an event is not the same as saying that the event never existed. Those are half-certain and half-uncertain memories. I call such vague memories that everyone has as half-memory. And I translate my chatter about my own half-memories into drawings and paintings.

コンセプト/Concept

半記憶の構成 Composition of Half-Memory

最初にこの半記憶という言葉を提唱したアイルランドの画家J.B. イエーツは、想像力によって記憶を越えること、過去からの自由を意味してこの言葉を用いました。対して私は、自分自身の記憶の欠損、過剰、多様さを意味してこの言葉を用います。絵を描いているときの私の一人称は、俺、僕、私、あたし、おいらなど、ジェンダーや年齢に関連したさまざまな視点を移ろいます。つまりこれらの“お喋り”は、私自身の過去に関連する記憶について、多様な一人称視点から語られた断片的な告白なのです。私はこの自身の半記憶のドローイングや絵画を描くことを通して、「不確かで曖昧な記憶で形作られている、この自己」について探求しています。

The Irish painter J.B. Yeats first proposed the concept. He used the term to mean something beyond memory by the imagination, freedom from the past. By contrast, I mean the deficiency, excess, and variety of one’s own memory. When I’m drawing, my first-person shifts between different perspectives related to gender and age; Ore, Boku, Watashi, Atashi, Oira, etc. So, my drawing is diverse first-person chats. There are fragmentary confessions about memories related to my own past. Through the painting and drawing of half-memory, I explore how ambiguous memories shape this self.

Half-Memories

Half-Memories (2020)
Color pencil on paper

Before, During, and After (2020)
Color pencil on paper

My First Otsukai (2020)
Color pencil on paper